MBA卒業後のキャリア

アジアトップMBAであるHKUSTを卒業した日本人は、やはりアジアを中心に様々な業界・役割で活躍しています。MBA留学は時間、エネルギー、お金の投資ですので、私費留学であれ社費留学であれ、その投資を「卒業後の活躍」という形で回収する必要があります。

MBA卒業生の就職・転職先例

HKUSTはファイナンス面で高い評価を得ており、プライベートエクイティや商社など投資に関わる仕事に就く人も多くいます。特に近年のHKUSTのへの日本人MBA留学生においては、ファイナンスに限らず、マーケティングやコンサルティング、そして起業などMBA卒業生の進路は多岐にわたっています。

以下に挙げた事例は卒業後転職したケースですが、社費留学生の場合も、香港やシンガポールなどアジアのオフィスに着任する、企画系のポジションに就くといった形で、MBA留学前後で社内でも役割や場所を変えて活躍しています。

[MBA留学前][MBA留学後]
戦略コンサルタント香港系プライベート・エクイティ (COO)
戦略コンサルタント香港系プライベート・エクイティ (投資先企業役員)
M&Aアドバイザリー総合商社 (アジア投資担当、シンガポール勤務)
SIer (エンジニア)日系SIer (香港オフィス、営業部門ヘッド)
自動車メーカー(マーケティング)外資系医療機器メーカー (幹部候補生)
官僚経営コンサルタント
戦略コンサルタント政策アドバイザー (都道府県知事直轄)
SIer (マーケティング)SIer (インド支社長)を経て、戦略コンサルタント
経営コンサルタント日系プライベート・エクイティ