香港に住む魅力・メリット・体験

世界経済、そして、成長によりますます注目が高まるアジア経済において、香港の都市としての役割の1つは、金融センターです。ジネススクールで学ぶMBA学生にとって、香港に住む大きなメリットはアカデミックな世界とビジネスの世界が極端に近い、ということです。地理的なコンパクトさもあいまって、HKUSTキャンパスから金融街まではタクシーで30分ほど、これは、多くのビジネスプロフェッショナルとの接点を作る上でも、また、世界で起こっていることを即座に吸収していくビジネススクールとしても、日々のMBA留学生活を通して実感していくと思います。

 

世界の金融センター、アジアのハブ

世界経済、そして、成長によりますます注目が高まるアジア経済において、香港の都市としての役割の1つは、金融センターです。香港島側のセントラル周辺には、HSBC、中国銀行を始め、名だたる金融系のオフィスが集まり、また、九龍側にはCredit Suisse、Deutcshe Bankなど外資系金融企業が集まります。特に、投資銀行部門等、世界屈指の金融都市となっています。

更に、アジアのハブとして、中国だけでなく、香港国際空港から飛行機で5時間県内でアジアのほぼ全域へのリーチをカバーしており、就職活動やインターンシップ、また、夏休みなどの旅行においても、香港だけでなく、アジア各国へ多くのクラスメイトが足を運び、視野にいれることができるというモビリティの高さは香港に住む最大のメリットだと感じます。

アカデミックとビジネスが極端に近いコンパクトさ

ビジネススクールで学ぶMBA学生にとって、香港に住む大きなメリットはアカデミックな世界とビジネスの世界が極端に近い、ということです。地理的なコンパクトさもあいまって、HKUSTキャンパスから金融街まではタクシーで30分ほど、これは、多くのビジネスプロフェッショナルとの接点を作る上でも、また、世界で起こっていることを即座に吸収していくビジネススクールとしても、日々のMBA留学生活を通して実感していくと思います。

HKUSTビジネススクールも、HKUSTメインキャンパスだけでなく、金融街のど真ん中、セントラルのビルのワンフロアを使いサテライトキャンパスを用意しており、各界の著名人による講演や、香港金融で実際に仕事をしながらMBA取得をしようとしているPart-Time学生との接点等々、生のビジネスを実感する多くの機会を提供しています。

中国へのゲートウェイ

ますます経済系において大きな存在になっていく中国へのゲートウェイであること、も香港に住みビジネススクールに通うMBA学生にとって大きな意義です。現在、香港は欧米から中国市場に打って出ようとする企業へのゲートウェイの役割を持ち、多くの企業が香港から、中国華南地区へのマーケットエントリーを果たしています。

HKUSTビジネススクールでも、Shenzhen Business Tripでの中国企業訪問や、中国深セン(Shenzhen)にかまえているShenzhen Part-Time MBAとの交流イベントなどを通して、テキストでは学べない生の中国ビジネスに触れる機会を多数用意しています。クラスメイトと日常的に中国を訪れることもあります。

アジア各国につながる多国籍な人脈形成の場所

コンパクトな街ゆえに、多くの人が集まりやすく、ネットワーキングの機会に恵まれていることです。CentralやTsim Sha Tsuiでは毎日のように各業界のネットワーキングイベントがあり、ビジネスインキュベーションという点でも、StartUpsHKやHKCoCoonなどの人をつなぐ環境が用意されています。香港人だけでなく、アジアで事業をしようとする人たちが多く集まり、人の出入りが多いため、多国籍な環境がどこのコミュニティでも自然と形成され、新しく香港に集まる人に対しても非常にオープンな印象を受けます。