HKUST MBA (香港科技大学MBA)

HKUSTのMBAは、アジア、香港のビジネススクール、HKUSTのMBAプログラムで、過去7,8年継続的に世界トップ15に入るトップビジネススクールです。16ヶ月のプログラムと圧倒的なダイバーシティ環境でグローバル経験を積み、MBA卒業生の8割はアジアでビジネスに携わっています。アジアのビジネスハブ香港の立地を活かし、アジア各地(シンガポール、上海等)への抜群のアクセスを香港、HKUSTへMBA留学するメリットです。

 

HKUST MBAの特徴を5つ、ピックアップします。

アジアを代表するビジネススクール、MBAプログラム

HKUSTはFinancial TimesのGlobal MBA Rankingで、継続的に世界トップ15にランクインしている、アジアを代表するビジネススクール、MBAプログラムです。また、世界中の4つの主要なMBAランキング全てに初めて名を連ねたアジアのビジネススクール、MBAプログラムでもあります。創立20年あまりで急成長を果たし、世界のトップスクールの仲間入りを果たしています。

圧倒的なダイバーシティ環境によるグローバル経験

ダイバーシティの高さは世界中のビジネススクールの中でも屈指です。90%以上の学生は、MBAプログラムのために香港以外から香港を訪れ、1学年120名前後の規模でありながら、30前後の多国籍な学生が集まる環境です。そのため、大半の学生にとって海外での経験であり、自分の常識が通用しない世界に放り投げられる、というのがHKUSTへのMBA留学のオリジナリティです。加えて、エクスチェンジ(交換留学)や各国のMBAスクールが一同に介するビジネスコンペティションへの参加など、自分の視野が広がるプログラムが提供されます。Financial Times Global MBA Rankingでも、”No. 10 in terms of international experience”と評価されています。

アジアビジネスへの専門性・中国ビジネスへの専門性

HKUSTのMBAプログラム卒業生の80%はアジアでビジネスに携わっています。アジアにフォーカスしたビジネススクールという点で、香港というロケーションだけではなく、教授陣もアジア事業に長年携わってきたプロフェッショナル、シニアマネジメントが揃っており、アジア各国での事業展開や中国マーケットへの参入など、ケーススタディでも3,4割はアジアにフォーカスした内容を扱います。アジア各国へのビジネストリップやキャリアイベント等も充実しており、多国籍企業のアジアオフィスやアジアに拠点をおく多くの企業がリクルータとしてHKUSTを訪れます。グローバルキャリアをアジアから積むための、生の経験と人脈があります。

アジアのビジネスハブ、世界の金融ハブ、香港

アジアのビジネスハブであり、中国へのビジネスゲートウェイである香港を拠点にするということは、MBAプログラムで学ぶというアカデミックな側面もありつつ、アジアでの活きたグローバルビジネスに触れる機会が圧倒的に多い、というロケーションです。世界1位の自由経済都市、世界3位の金融センターとの評価を受ける香港の中心へわずか30分たらずでアクセスできるHKUSTキャンパスは、活きたアジアビジネスの中で学べるMBAプログラムです。

16ヶ月間の凝縮したMBAプログラム構成

2年間のMBAプログラムでする内容を、インターンシップやエクスチェンジ(交換留学)の機会を保ったまま16ヶ月間で提供する凝縮したプログラム構成です。12ヶ月での短縮構成で卒業することも可能です。その分、MBA留学生活は決してゆるやかなものではありませんが、クラスやグループワーク以外にも、クラスメイトとのレクリエーションやキャリア開発活動、香港でのビジネス人脈の形成など、皆多岐に渡るアクティビティをしています。HKUST MBAは、この凝縮したプログラムで、Financial Times Global MBA Ranking 2015にて、”No. 8 in terms of greatest salary increase”と”No. 2 in terms of value for money”の評価を受けています。

HKUST MBAプログラムでの写真一覧

HKUST MBAプログラムの写真です。日々のアクティビティの様々な写真はHKUSTのFacebookページで多く掲載されていますので御覧ください。