MBA受験体験記 M.F (Full-Time MBA 2018)

はじめに

 11月に留学を決意してから短期決戦でRound3に滑り込み合格。少しでも皆さんのお役に立てば嬉しいです。

プロフィール

ハンドルネーム:M.F
属性:29歳(出願時)・私費
学部専攻:International Relations
職務経験:外資系IT会社でシステム導入→日系自動車会社で人材育成
海外経験:幼少時父の仕事の関係で5年間米国滞在、大学時代に1年間留学

学校選定理由(Why MBA, Why HKUST)

 外資系企業→日系企業への転職を経て、企業における人材育成の重要性を再認識。
さらに、
①人材育成と経営戦略とが密接に関わることから、経営に関する知識習得の必要性
②日本の生産労働人口の低下や企業のグローバル化による人材の多様化に伴い、多様性のある環境に身を置く必要性
の2点を感じ、MBA留学を決意。
 当初は欧米の学校も検討していましたが、卒業後の進路や費用面(私費留学のため)からアジア圏の学校に絞り込み出願。合格を頂いた学校の中で、FTランキングとキャンパスを気に入ったためHKUSTに決定。

受験スケジュール

10月 TOEFL1回目受験
11月 留学準備開始
12月 GMAT1回目受験
1月   東京で開催されたHKUSTのセッションに参加
    GMAT2回目受験 → 目標点数達成
    エッセイ作成開始
3月   HKUST Round3に出願
    TOEFL2回目受験 → 目標点数達成
4月   HKUSTインタビュー → 合格通知
5月   HKUSTキャンパスビジット →HKUSTへの進学を決定

最後に

 留学すると決めたら、留学経験のある先輩方に話を聞くことをおすすめします。私も当初はMBAだけでなく、教育大学院等も考えていましたが、各学校の日本人向けのWebサイト、個人のブログ、各学校のイベント等で様々な人にお話を聞いた結果「アジア×MBA」に絞り込み、出願することにしました。(留学準備中はモチベーションアップにもなりました♪)
 人生の貴重な時間とお金をかけることになるので、自分の獲得したい経験&キャリアを最大化できるような選択をして頑張って下さい。