ビジネスケースコンペティション優勝

HKUSTの日本人学生である大畠悠介さんがカナダで開催されたビジネスケースコンペティション(Haskayne MBA 24 Hour EPIC Case Challenge)で優勝されました。おめでとうございます!

ビジネスケースコンペティション優勝:Haskayne MBA 24 Hour EPIC Case Challenge
University of Calgary, Canadaで開催される24時間耐久コンペで知られている大会です。カナダに関連したトピックであることに加えて、利益だけではなく環境的意義や社会的価値も見出せる解決策(Triple Bottom Line)を提案するところに特色があります。

2016年では、石油価格の下落により経済が落ち込んでいるカナダをどのように改善していくか短期、長期的なプランを提案してください、といったテーマでした。雇用率の低下、不動産バブル、移民問題などの背景を考慮しつつ、観光・教育・テクノロジーの3つの観点から提案しました。政府関係者、地元銀行・EYグループといったスポンサーや企業家などバラエティに富んだジャッジでしたが、HKUSTで学習した内容のフル活用と出来るだけ多くのデータを集めたことが功を奏し、見事、優勝することができました。

カナダの強豪校が多数参加する中、HKUSTは2015-2016と2年連続で優勝しています。ビジネスケースコンペでの連覇は非常に稀(HKUSTでは初)であるため、今後の活躍にも期待しています!また、アルバータステーキ、赤ワイン、地ビールなど、大会以外の部分でもかなり楽しめました。寒いのが極端に苦手でなければお勧めしたいコンペの1つです!